Group Info

WHAT’S
OKUTAKE GROUPOKUTAKEグループとは

創業から50年を超える
歴史の中で積み重ねた実績と
グループの総合力を武器に
幅広い事業を展開。
社会やお客様に喜んでいただける
ものづくりを実践します。

OKUTAKEグループは
鳶・土工工事を専門とする
奥武建設工業株式会社、
クレーン事業を展開する株式会社オクタケ、
総合建設業の株式会社高洋建設の
3社で事業を展開。
50年以上の社歴と実績で積み重ねた
「OKUTAKE」ブランドで
社会やお客様に喜んでいただける、
価値あるものづくりを提供していきます。

グループ企業についてAbout Group Company

  • 長年にわたる実績を安心につなげ、
    「OKUTAKEグループ」としての
    スケールメリットを経営に生かす。

    OKUTAKEグループは奥武建設工業株式会社、株式会社オクタケ、株式会社高洋建設の3社によるグループで、幅広い業務を請け負っています。それぞれが独立した会社として得意分野で力を発揮し、状況に応じて連携を図ることで、業務の円滑化や総合力へとつなげています。建設車両や機材などを共有できるのも、グループならではのメリット。安全講習や各種研修、経営計画会議もグループ全体で実施し、スケールメリットを経営や社員教育にも活かしています。
    また、グループとして50年以上の歴史を持ち、蓄積された情報やネットワークも共有。OKUTAKEグループで培った実績を安心と信頼につなげています。
  • OKUTAKEグループイメージ

グループの人材についてAbout Human Resources

グループの人材について
  • グループの人材についてイメージ2 グループの人材についてイメージ3
  • 現場で活躍できる人材育成や
    キャリアアップ支援で
    未来を見据えた人づくりを実践。

    OKUTAKEグループの幅広い事業を支えているのが、社員一人ひとりの技術力です。鳶職からクレーンオペレーター、施工管理技士など多彩な職種が活躍する当グループでは、社員が一人前の技能者として活躍できるようさまざまなサポートを行っています。入社後は社会人としてのルールや現場でのルール、安全知識を身につける研修を実施。現場で必要となる資格取得の講習を行ってから現場へ送り出しています。
    また、実務経験に応じて国家資格取得も支援し、人材のキャリアアップを図っています。若手社員を積極的に採用するなど、未来を見据えた人材育成にも力を入れており、熟練工から若手社員へと技術を継承。常に5年先、10年先を見つめ、人づくりに取り組んでいます。
    働く人を詳しく見る/採用サイト

安全への取り組み・教育体制についてAbout Efforts for Safety / Educational System

安全への取り組み・教育体制について
  • 専任の安全担当者による
    現場パトロールで
    大手ゼネコン水準の安全を。

    OKUTAKEグループは大手ゼネコンの工事を請け負うことも多く、現場作業においては大手に準じた高い安全基準やコンプライアンスが求められます。それらを遵守すべく、当グループでは安全衛生法の定めに従い、専任の安全担当者がすべての現場を月1回以上パトロールしています。安全担当者は大手ゼネコンに勤務経験のある社員を任命。安全な服装、安全な手順で工事が行われているかを確認し、災害防止、および安全な現場環境づくりを促進しています。
  • 専任の安全担当者による現場パトロールで大手ゼネコン水準の安全を。
  • 災害防止対策協議会を開催し、全社員が高い意識を持って安全活動に取り組む体制づくりを。
  • 災害防止対策協議会を開催し、
    全社員が高い意識を持って
    安全活動に取り組む体制づくりを。

    OKUTAKEグループでは、月に一度、各社で災害防止協議会を開催。ヒヤリハット事例の報告や対策法などを共有し、安全意識を高める取り組みを行っています。3ヶ月に一度はグループ全体でも災害防止協議会を実施。グループ全社員が高い水準で安全意識を持って働ける体制づくりに努め、働く人全員の安全と健康を確保しています。日頃からの安全活動は現場でも発揮され、全国各地で開催される安全大会で表彰されるなど、社外からも評価をいただいています。
  • 安全朝礼を実施し、
    仕事前に安全への意識を
    刻みつける。    

    安全への意識づけとして、毎週月曜日の朝礼時には「安全誓いの言葉」を全員で唱和。「安全第一」を心に刻みつけ、仕事に臨んでいます。第一月曜日はグループ全社で安全朝礼を行い、グループとしての結束も固めています。災害につながる事案が発生した場合は、その日のうちに情報を集約。写真など視覚に訴える情報を交えながら原因究明と今後の対策についても情報共有を図り、事故防止につなげています。
  • 安全朝礼を実施し、仕事前に安全への意識を刻みつける。
  • ◎専任の安全担当者による事業主パトロール

    安全衛生法の定めにしたがい、各作業現場において月一回以上実施しています。
  • ◎現場責任者とのミーティング

    重大災害につながる事案については、すぐにその場で指導します。
  • ◎グループ内の全社員を対象にした報告会(毎月実施)

    各作業現場での情報を集約して報告。写真を多用した〈視覚に訴える〉研修です。
    また、毎週月曜日の朝礼時には『安全誓いの言葉』を社員一同で唱和。〈安全第一〉を心身に刻みつけ、一週間の安全を祈願しています。
  • [安全誓いの言葉]  

    • 一、私は決められた事を必ず守ります。
    • 一、私は安全帯を必ず使用します。
    • 一、私は落ちません 落としません。
    • 一、私はひと仕事ひと片付を行います。
    • 一、私は忠告を笑顔で受けます
      守ります。
  • 安全誓いの言葉

新しい取り組みについてAbout New Initiatives

新しい取り組みについて
  • ゼブラカラーの車両で
    子どもたちの注目を集め、
    建設業への興味を促す。

    OKUTAKEグループでは、クレーン車両の一部にカラフルなゼブラカラーの車両を採用しています。インパクトのある車両を用いることで、道行く人たちに建設業界への興味関心を持ってもらうことがその狙い。建設業へのイメージアップを図るとともに、次代を担う子どもたちからも注目を集め、建設業への理解や意識醸成を促進。潜在的な担い手づくりにつなげていきたいと考えています。
  • ゼブラカラーの車両で子どもたちの注目を集め、建設業への興味を促す。
  • 環境に配慮した建設車両を導入し、持続可能な社会づくりに貢献。
  • 環境に配慮した
    建設車両を導入し、
    持続可能な社会づくりに貢献。

    建設業界では技術の向上とともに環境への配慮が求められています。当グループでも、温室効果ガスの排出を低減するハイブリッド式の油圧ショベルの導入や排出ガス規制適合車への切り替えをいち早く進めるなど、環境に配慮した取り組みを推進。建設事業者として持続可能な社会の実現に貢献できるよう努めています。
  • 現場で働く女性社員を採用し
    男女関係なく
    働きやすい職場づくりを。

    現場作業に従事する女性社員を採用するなど、女性の活躍推進に向けた取り組みも行っています。2019年には福井県の「ふくい女性活躍推進企業」に登録。優れた成果を上げた女性社員とその企業を表彰する「ふくいグッドジョブ女性表彰」にも当グループの女性クレーンオペレーターが選ばれ、表彰されました。今後も建設業界の新たな担い手として女性の活躍の場を広げ、男女問わず働きやすい職場づくりに取り組んでいきます。
  • 現場で働く女性社員を採用し男女関係なく働きやすい職場づくりを。
  • 外国人実習生の受け入れを開始、新たな担い手づくりへ。
  • 外国人実習生の受け入れを開始、
    新たな担い手づくりへ。

    外国人技能実習制度を利用し、外国人実習生の受け入れを行っています。実習生には安全講習や技能研修を行い、技術を身につけていただくとともに安心して働いてもらえるようサポート。実習期間を終えて帰国した後、再び働きたいと希望する人を外国人建設就労者として雇用するなど、慢性的な人材不足に悩む建設業界の新たな担い手づくりの形を模索しています。
  • ITで効率化、安全性を高め、
    人をより活かす仕事スタイルへ。  

    業務の効率化を図るため、IT化を推進しています。その一つが、クレーン車など工事車両の配車システムです。クラウドシステムを使ってリアルタイムに配車情報を更新。スマホから配車状況を確認できるので、社員間で情報を共有でき、タイムロスの軽減につなげています。今後はIoTやロボットの導入も視野に入れ、現場作業の効率化や安全性をより高めていきます。同時に機械化できない“人力”をスキルアップし、一人ひとりの力をより活かせる仕事スタイルをめざしていきます。
  • ITで効率化、安全性を高め、人をより活かす仕事スタイルへ。

社会貢献活動についてAbout Social Contributions Activity

  • カーブミラーの清掃活動や災害支援活動も取り組み、企業が担う社会的責任を果たす。
  • カーブミラーの清掃活動や
    災害支援活動も取り組み、
    企業が担う社会的責任を果たす。

    OKUTAKEグループでは「地域の皆様すべてがグループの顧客である」との考えのもと、CSR活動に積極的に取り組んでいます。カーブミラーの清掃活動もその一つ。工事車両やクレーン車の安全走行に欠かせないカーブミラーをきれいにすることで、自分たちの仕事だけでなく地域社会の安全や環境美化に貢献しています。
    また、福井豪雨や東日本大震災時にもいち早く救援活動を実施。全社員が気持ちを一つにして事に取り組む企業風土のもと、企業が担う社会的責任を発信しています。
    清掃活動について、詳しく見る