OKUTAKEグループ

ホーム > サービス

サービス

大切な財産と自然を守る
エコ型地盤改良『HySPEED工法』

頑丈な建造物の構築は、強固な地盤づくりから。将来にわたり十分な強度を保証し、長年の使用でも周囲の自然環境を汚さないよう、新時代の地盤改良工法『HySPEED工法(ハイスピード工法)』を取り入れています。

ご存じですか?従来の地盤改良工法にはこんなおそれが

地盤改良の世界では従来、セメント系柱状杭や鋼管杭による工法が採用されていました。しかし近年、これらの工法について三つの不安が指摘されています。

1. 地価下落の引き金に
2005年に「不動産鑑定評価基準」が改正され、地中埋設物が土地履歴として正確に評価されるようになりました。埋設物がマイナス評価の一因となることで
  • 将来の撤去費用発生
  • 地価のマイナス要素
となる可能性をもつようになったのです。
2. 土壌汚染の可能性
セメント系固化剤での地盤改良では、有害物質「六価クロム」の発生率が高くなります。
「土壌汚染対策法」(2003年施行)では、土地所有者による有害物質の浄化を義務づけており、安易な地盤改良が多額の負担を生む要素をはらんでいます。
3. 埋設物=産業廃棄物に
地中に残ったセメント系柱状杭や鋼管杭は、産業廃棄物となります。土地売却時に、買主からの撤去を求められる可能性が否定できません。
また、埋設物による土壌汚染があれば浄化費用も上乗せされてしまいます。

三つの不安を克服する新工法『HySPEED工法』

1. 高い耐震性
砕石パイルと現地盤により、面全体で建造物を支持します
砕石パイルと現地盤により、面全体で建造物を支持します
2. 環境貢献工法
天然砕石を用いており、土壌汚染などによる周辺環境の悪化がありません
3. 産廃費用が不要
従来工法のように、埋設物が産業廃棄物として扱われません
4. リユースで地球環境に貢献
将来の改築時も、同程度の建造物なら再利用が可能です
5. 唯一の液状化防止工法
地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します
地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します
6. 低コスト・長期保証
従来工法と比較して施工費が安く20年間の保証付です(保証金5,000万円まで)
7. 大幅なCO2削減を実現
従来工法に比べ、平均的な住宅(建坪20坪程度)1戸分の施工でCO2を5,000kg削減しています
8. 無公害工法
従来工法では困難だった地下水の多い地盤や腐植土の地盤、火山灰の地盤でも施工可能です
9. 遺跡になる工法
セメントや鋼管のように、劣化したり錆びたりしない永久地盤工法です
セメントや鋼管のように、劣化したり錆びたりしない永久地盤工法です

福井県内で唯一のHySPEED工法代理店

強くて長持ち、環境に優しい――地盤改良の諸問題を解決する『HySPEED工法』。
OKUTAKEグループは福井県嶺北エリアで唯一の施工代理店です。公式サイト